【女性弁護士在籍】岩手県盛岡市の弁護士による離婚、不倫・浮気のご相談

019-604-5521 離婚、不倫・浮気に関する初回相談無料

  • TOP
  • 初めての方へ
  • 岩手県盛岡市の弁護士、吉田瑞彦法律事務所の特徴
  • 岩手・盛岡の弁護士による離婚・慰謝料の解決事例
  • お客様の声
  • 岩手県盛岡市の弁護士、吉田瑞彦法律事務所のご紹介
  • 岩手県盛岡市の弁護士、吉田瑞彦法律事務所の弁護士紹介
  • 岩手県盛岡市の弁護士、吉田瑞彦法律事務所の弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • 岩手県盛岡市の弁護士、吉田瑞彦法律事務所へのアクセス
  • 離婚・慰謝料に関するお問合せ
  • 離婚の種類
  • 離婚に関するお金の問題
  • 離婚に関する子どもの問題
  • 浮気・不倫の問題
  • DV・モラハラ

姓と戸籍

1 離婚すると姓と戸籍はどうなりますか?

 (1) 結婚により姓を変えなかった人は、離婚をしても特別な手続きは必要なく、結婚中に入っていた戸籍にそのままとどまることになります。
 (2) 結婚により姓を変えた人については、以下の3つのパターンがあります。

  1. 結婚前の姓と戸籍に戻る
  2. 離婚後も結婚中の姓とし、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る
  3. 結婚前の姓に戻り、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る

 

2 姓の決定や変更はどのように行うのですか?

 結婚により姓を変えた人は、離婚後に何もしなければ結婚前の姓に戻りますが、姓を決定するには離婚が成立してから3ヶ月の猶予があります。その期間内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村に提出すれば、結婚中の姓を引き続き使用することができます。
 期間を過ぎてしまうと、変更する際に家庭裁判所の承認が必要になり、手続きが複雑化します。
 結婚中の姓を名乗っていた時期が長く職場などに浸透している場合や、姓の変更によって子どもへ影響がある場合など、状況に応じて慎重に判断しましょう。
 

3 子どもがいる場合はどうなるのですか?

 離婚した夫婦に子どもがいる場合、離婚後に何も手続きをしなければ、子どもは結婚中の姓のままになります。また、法律により、子どもは同じ姓の親と同一の戸籍に入ることとされています。
 したがって、結婚前の姓に戻る方の親が子どもの親権を得た場合には、子どもの姓を変更する手続きをしなければ、子どもと一緒の戸籍に入ることはできません。
 これは、届け出により結婚中の姓を引き続き使用する場合でも同様で、例えば「子どもの姓を佐藤から佐藤へ変更する」というような、一見すると少し不思議な手続きが必要になります(結婚中の佐藤と、離婚後に名乗る佐藤は別物として扱われるためです)。

 当事務所は離婚の金銭問題だけではなく、離婚後の生活における手続サポートもさせていただいております。是非一度当事務所にご相談ください。


法律相談のご予約 019-604-5521

ご相談の流れはこちら

●離婚・男女問題でお悩みの方へ ●離婚とお金 ●離婚とこども ●離婚・慰謝料請求の解決事例
●吉田瑞彦法律事務所のご紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●お客様の声